トップページ  自然環境保全

ホタルの里づくり活動(1)
 川島町の農業用水路の歴史は古く、応安元年(1368)の記録がある(埼玉県史、川島町史等)。昭和20年代ではゲンジボタルやヘイケボタルが数多く見られた。川島町の主な灌漑用水の取水は、都幾川、越辺川等から取水しているが、下流で市野川、入間川、荒川等に排水されている。標高差は凡そ8m(国土地理院)で全体的に水循環は良く、ホタルが生き延びた場所が長楽用水路であると言われている。川島ネイチャークラブはホタルの復活を目指し、平成23年度から農業用水路の水質調査からホタルの復活事業を開始。

【長楽用水路の水質調査】

・試験方法

 試験項目  試験方法  単位  測定者
 外観 目視    採水者 
 濁度 JIS K0101-9.4  度(カオリン)  (株)環境総合研究所 
 水素イオン濃度 JIS K0102-12.1  PH  同上 
 COD(Mn) JIS K0102-17  mg/L  同上
 BOD JIS K-012-21  mg/L  同上 
 CL イオンクロマトグラフィー・アニオン分析条件  ppm (株)ナックテクノサービス 
NO2 同上  ppm  同上 
NO3  同上  ppm  同上 
SO4 同上 ppm  同上 

・試験結果

 試験日 採水場所  外観  濁度  PH  COD  BOD  CL  NO2  NO3  SO4 
 2011/12/2 長楽樋管  透明          10.7  6.0  1.4  28.1 
 2011/12/2 六地蔵橋   透明         10.7  5.8  1.3  28.5 
 2011/12/2 六地蔵橋南水路  透明          11.3  6.1  1.4  29.0 
 2011/12/12 長楽樋管  透明   0.4 7.6  1.5  0.8         
 2011/12/12 小見野樋管 透明  0.7  7.8  1.8  0.8         
 2011/12/12 鳥羽井沼西入口  濁り  3.9  7.3  4.6  2.0         
 2011/12/12 鳥羽井沼中央入口  濁り  2.5  7.2  3.9  1.2         

・考察
 長楽用水の最上流は、都幾川から取水する「長楽樋管」。最下流は、川島町鳥羽井沼から堤外の放水路に排出。冬期の試験結果では、無機イオンについては、最上流取水口の長楽樋管〜下流側の六地蔵橋(正直)では、顕著な差異がなく水質については特に問題ない。COD、BODについては、長楽樋管〜小見野門樋までは、殆んど同様の値を示した。最下流口は外観が濁り、PHはやや酸性側になり、COD、BOD共に高い値を示し、下流に行くほど水質は悪化。

【ホタル田んぼ等の水質及びホタル放流試験】

(1)平成24年4月
長楽用水路中流近くの遊休田んぼの提供を受けて、ヘイケボタル放流試験を目的として川島町農政産業課のご協力により、「ホタル田んぼ」の掘削整備が行われました(掘削深度約600mm、掘削幅約1000mm)。

(2)ホタル田んぼの水質調査結果。平成24年6月 測定者 (株)ナックテクノサービス及び(株)環境総合研究所

分析項目  長楽用水路本流(正直六地蔵橋)  長楽用水路支流(戸守ホタル田んぼ南側水路)   戸守ホタル田んぼ  東京都中野区水道水(参考)  分析者
 外観  殆んど透明  殆んど透明 混濁   目視
 PH(20℃) 8.2  8.1  7.8   (株)環境総合研究所
 BOD(mg/L) 0.5  1.0  10  同上
 COD(Mn)(mg/L)  2.8 3.1  21  同上 
 「濁度」  3度(カオリン) 2度(カオリン)  23度(カオリン)  - 同上 
 フッ化イオン(ppm) 0.09  0.10  0.18  0.09  (株)ナックテクノサービス 
 塩化物イオン(ppm)  8.89 9.03  6.87  13.76  同上 
 亜硝酸イオン(ppm) n.d.  トレース量検出  n.d.  n.d.  同上 
 硝酸イオン(ppm)  6.35(硝酸性窒素:1.44)   6.40(硝酸性窒素:1.45) n.d.(硝酸性窒素:0 )  6.08(硝酸性窒素:1.37 同上 
 硫酸イオン(ppm)  24.35 24.60  10.01  22.92  同上 
*n.d:Non detect
(参考値)
コンクリート井戸側水槽(エアー有り) エアー無しの藻が発生した水槽
パックテスト法COD(ppm) 13 20

(3)ホタル研修会開催
平成24年8月8日川島町コミュニティセンター2階大会議室で開催。ホタルが生息できる水環境やホタルの生態系などについて学習した。講師:日本ホタルの会名誉会長 矢島 稔先生 (ホタル研修会ちらし

(4)ホタル田んぼの再整備(2012/7/24) 乾燥化対策として、水路Bの再掘削900mm(2012/9/2)。  

(5)水質調査(2013/3) 測定者 (株)環境総合研究所

分析項目  ホタル田んぼ南水路  ホタル水路B(2012.9.2再掘削した水路)
外観(目視)  無色殆んど透明 茶褐色やや不透明 
 COD(Mn)(mg/L) 3.2  15 
溶存酸素量(mg/L) 11 10
生物試験(採水した水を容器に入れ、メダカを放流) 生息   生息
PH(パックテスト) 約7  約7 


【自然環境下におけるホタルの里づくり(ホタル田んぼ及び長楽用水路】
 

 年度 目的  結果(ホタル田んぼ及び長楽用水路)     
2012
 
・ホタル田んぼづくり(2012/4/20)。   

2012/4/20
 2013
 ・ホタル田んぼにおけるヘイケボタル生息検討(幼虫放流)。
ホタル田んぼから、ヘイケボタル成虫1匹確認(2013/6/1)


・ホタル田んぼでヘイケボタル成虫放流観賞会開催(2013/7/14)。
 
 
2013/5/26
 
2013/7/14
 2014
〜2015
・長楽用水路に置けるヘイケボタル生息検討(幼虫放流)。
・ホタル田んぼ水路での検討終了。同水路の埋め戻しを行い、土地所有者に返還。

・長楽用水路でヘイケボタル成虫放流鑑賞会開催(2014/7/13及び2015/6/28)。



2014/7/13 
 
2015/6/28



【ホタルに関する文献】
ホタル関連文献目録:和文編 ネット上要旨集(2014版.ver.2)
ホタル フリー百科事典「ウイキペディア(Wikipedia)」
生息場評価手法を用いたホタル水路の建設 応用生態工学10(2),103-116,2007

【生物の発光に関する文献】
ゲンジボタルの発光パターンに及ぼす温度環境の影響―地理的差異による2型分布に対する考察として―
(日本生物地理学会会報第59巻第2004年12月20日)

ホタルイカが光る目的(富山県ほたるいか協会)
ゲンジボタルの発光現象の仕組みをとらえる(独立行政法人 理化学研究所 2006.3.16)

自然環境保全のページ   トップページ


Copyright(c): NPO Kawajima Nature Club. All rights reserved.